2009年12月21日月曜日

09.12.19 国鉄特急形オールスターゲーム・1

手元の東京時刻表12月号に「舞浜・東京ベイエリア号」という臨時列車が載っていた。常磐線日立—京葉線東京を往復する全車指定席の快速だ。
京葉線へこの列車を撮りに行こうと決め、ついでに有楽町線新木場8時4分着の小田急MSE「ベイリゾート90号」なんかも撮って…ならば二俣新町7時23分の東京行に乗って…と前夜に考えていた。

ところが、寝坊。すでに7時半じゃないか。まぁベイリゾートはまた他の日に行けばいい…と思ったのも束の間、数日前に「こんどの土曜の朝に583が来る」というのをアタマに刻んでいたことを思い出した。
あわてて「鉄道ファン」1月号を引っ張り出す…。すでに舞浜で団体客を下ろしたあとの時間だ。東京からの回送が西船橋8時19分着とある。ならば市川塩浜にでも…と慌てて着替えて家を出た。

8時すぎに市川塩浜に到着。上りホーム東京方は子ども撮影者の立てた三脚が何台も…。そんな線路に近いところに置くなよ…その中に加わる気はまったく起きず…というか、スペース的にムリ。
誰もいない下りホーム東京方にありつく。編成がキレイに撮れないこちら側に来る奴なんぞいないのだ。ほかにもホーム中程で張ってる人もちらほら。きょうは撮影者が多いなぁ…。


205系(市川塩浜)


201系(市川塩浜)

光線と風景はこんな感じ。架線柱はさすがにどうにもならない。
蘇我方のほうが顔に日が当たるようだ。南西〜北東に走っているように思いがちだが、後で地図を見返すと市川・浦安市境の川からこの駅にかけては南南西〜北北東あたりの角度だ。ということは、この東京方は終日順光にならないということか。


武蔵野線205系(市川塩浜)

上り列車はわりとスッキリ撮れる。これから上ってくるベイエリア号にはちょうどいいや。後追いで日がマトモに当たらなくても関係ない。
この時点で8時18分。583が来るならもう西船橋の手前にいないといけないはずだが…。またご破算か? …いや、こんだけ人がいるんだからなぁ…。


205系量産先行車(市川塩浜)

クーラーキセがピカピカの205系トップナンバー。日が当たりすぎて美白?


205系量産先行車・209系500番台(市川塩浜)

下りの209系500番台とすれ違い。両者は山手線と京浜東北線で併走したこともあるだろう。代々木では後者の中央・総武緩行時代にも会ってるか。


209系500番台(市川塩浜)

連写のタイミングが悪く、201系に続いて下がキツキツに。正面気味で距離感が難しいのは、ド真ん中に飛んだセンターフライと同じだ。野球でセンターを守ったことがある人間ならわかる話だが、鉄道好きで野球やっててしかもセンター守ってる人間はなかなかいないだろうな…。


205系(市川塩浜)


武蔵野線205系(市川塩浜)

武蔵野顔の205系をやっとこさこのカメラでマトモに撮れた。こないだようやく撮れたのが車内からだったからなぁ。今日日の205系ながらスカートがないのがこの武蔵野顔の特徴。京葉顔に比べるとスカートなしのほか顔が白くない分もあってシュッとしているように見える。


205系(市川塩浜)

新浦安のニュータウン群を背景に205系快速が通過。このあとようやく3点ライトの列車が接近してきた。ちょっと遅れたな、583よ… あれ?



489系(市川塩浜)

ボンネット…ってことは現存するのは489系だ。「能登」に使われているやつだろうか? 583は秋田車が青森から団体客を乗せて来るはずで、代走なんてあり得ない。別の列車なんだろうな。
後追いは思わず撮ったのでこんな写真になってしまったが、ヘッドマークにも雪がついている。北陸・北信越から来たんだろう。


E257系500番台特急「さざなみ」(市川塩浜)

2本併結の10連でやってきた「さざなみ」。前日に3月改正での本数削減が発表された列車だが、この時間帯は立派な編成で走っている。短くて黄色いので工事用車両に見えるE257系500番台も、この長さになると特急らしく見える。


205系(市川塩浜)

日を浴びて美白だった205系トップナンバーに対し、こちらの京葉顔トップナンバーは日が当たっていないばかりか汚れまくっていてJRマークも浸食が進んでいる。アルバムを見返したら、5月にケイタイで撮った写真に比べて老けている。この列車、東京方の先頭は現在使っていないはずの種別幕を回してあって「各駅停車」の表示が出ていたが、写真はピントが合わず失敗。


205系(市川塩浜)


武蔵野線205系(市川塩浜)



205系(市川塩浜)

205系ケヨ22編成はノーマル顔量産車で、京葉線にはたった1本だけの存在。この何回かの京葉線撮影では会えなかった。ノーマル顔でピンク帯の車両は二段窓の量産先行車のほうが4本と多い。ノーマル顔量産車は他に2本あったが、武蔵野線・埼京線・横浜線などに散った。



205系・209系500番台(市川塩浜)


E257系500番台特急「わかしお」(市川塩浜)


武蔵野線205系(市川塩浜)


205系(市川塩浜)


武蔵野線205系(市川塩浜)


205系(市川塩浜)




201系(市川塩浜)


E257系500番台特急「さざなみ」(市川塩浜)

フツーの列車のフツーの写真が多すぎるな…。でもこれがこのブログのスタイルだ。2本目のさざなみを見送ったあと、ようやくベイエリア号がやってきた。



485系快速「舞浜・東京ベイエリア号」(市川塩浜)

かつてのワンダーランド号を思い出させる日立からの列車は勝田所属のイルカの485系。両先頭車が元北海道用1500番台だ。
この列車を撮ったところでここから撤退。こんどはこの列車の東京から戻ってくる回送を潮見で撮るのだ。


E331系運用列車の表示(市川塩浜)

上りホームへ向かう最中、列車予告表示は3ドア14両の表示を出していた。これは「不良電車」E331系運用の列車のときに出る。京葉線ホームにはしっかりE331系のドア位置の表示が描かれていて、それに合わせるための措置。
ただ、この表示が出ていても来るのは4ドアの列車。せっかくの措置も逆効果になる。実際この時も205系が来たわけだが、なんとE331系は14日に久々の本線試運転を行ったんだそうな。一部では「試験車になったので営業には復帰しない」的な噂も出ているが、実際はどうなるのか?(つづく)

(右フレーム上部から入れるアルバムに、掲載した写真をカテゴリ別にまとめています)

0 件のコメント:

コメントを投稿