2013年6月9日日曜日

13.6.9 彩り・2

総武線で「いろどり(彩)」を撮ったあと、東武野田線へ移動。
最近動きが多い野田線にちょいちょい訪れているが、ついに60000系を撮れる機会ができた。

きょうは南栗橋車両管区七光台支所で「60000系デビューイベント」が開催される。
事前募集制で、大宮もしくは船橋からの会場行き列車に乗車するツアーとなる。むろん車両は60000系で、第1編成が大宮、第2編成が船橋発に充当されることが発表されている。
なお、イベントでは8000系トップナンバー編成の8101F、東武博物館所属の原形顔リバイバルカラー8111F、4月20日から運用に就いた10050系11652Fも60000系とともに展示される。

当然私は近場の撮り慣れた場所で船橋発の列車を狙う。案内PDFには「船橋9時15分頃発」と載っている。


六を撮る

おとといに続いての塚田へ8時15分頃到着。長いカーブにはすでに数人の撮影者がぽつりぽつりと立っている。


8000系(塚田—新船橋)

私の定番の位置には誰もいなかった。この時間帯は顔に日が当たってくれる。8132-8533F。


8000系(塚田—新船橋)

8154F。このアングルはカーブ側を撮る位置からだと撮れないので駅寄りに動いて撮っている。


8000系(塚田—新船橋)

8192F。マンションの影が編成に落ちる。それを嫌う人もいるんだろうな。


8000系(塚田—新船橋)

8131-8501F。非柏方先頭車は8601号。


8000系(塚田—新船橋)

8154F。撮影者は少しずつ増えている。


8000系(塚田—新船橋)

8166F。8166は運転台側にもジャンパ栓受?のフタがある。いままで注目していなかったな。


8000系(塚田—新船橋)

8191F+8567F。この8191もフタ付か。記録したかった六実行だったが、LED車とは残念。




60000系(塚田—新船橋)

ついに現れた60000系!
日立のA-trainで、本線用50000系列を含め、側面がそっくりの車両は他社にもあちこちにいる。顔は小田急4000形とAトレ西武20000系を合わせたような感じ。オデコの黒塗りはメトロ10000・15000・16000系、名古屋市交N3000形を想像させる。


8000系(塚田—新船橋)

ふたたび六実行がこんどは幕車8155-8521Fで来てくれた。よかった。
なお先ほどの六実行のあとの柏行列車を撮り逃しているが、その列車は塚田駅先で60000系に被った様子。


8000系(塚田—新船橋)

8146F。青シャツの奴、ウロウロして見切れるのやめてくれよ…




60000系(塚田—新船橋)

「団体専用 GROUP」の表示でツアー客を乗せてやって来た61602F。記念HMシールはしばらく貼られているのだろうか?
行先表示は従来のLEDだが、種別表示の必要がない野田線専用車のため、フルカラーのものは用意されなかった。
撮影はこれにて終了。

なお最近10030系11632Fが2本目のステンレスカーとして転入デビューしたが、更新工事済みのためスカート付・フルカラーLED(種別表示を使わないのは勿体ない)と新車っぽい内装で11652Fとは違った趣を出している。(※イベント登場は11632Fに変更になった様子)

そんなこんなで、8000系オンリーだった野田線にどんどん彩りが加わっているのだ。
そして、2年前から書いてるが、8000系を撮るならまだまだたくさんいる今のうちだ。

(右フレーム上部から入れるアルバムに、掲載した写真をカテゴリ別にまとめています)

0 件のコメント:

コメントを投稿